収支のバランスを考えて管理会社と連携

アパートの購入は事前に入念なリサーチを

本業のほかに収入を求めている人や定年退職後の生活費を得るための手段として、アパートを購入して賃貸経営を始める人が増えています。アパートを購入しての賃貸経営では、毎月の家賃収入が大きな魅力となっています。入居者がいる限り家賃収入が途切れることはないので、長期的に収入を得ることが可能だからです。ただし、手頃な価格のアパートが売りに出されていたとしても性急にそれに飛びついてしまうことはあまり賢明な判断とは言えません。なぜならば、アパートを購入しての賃貸経営では常に空き室のリスクがあるためです。万が一、入居者のいる部屋と空き室のバランスが崩れてしまったような場合、当初の予定通りに家賃収入を得ることができずに収支のバランスがマイナスとなってしまうこともあるのです。最悪の場合、家賃収入をローンの返済に充てることができずに持ち出しとなってしまうおそれもあります。そのため、アパートの購入に際しては可能な限り空き室のリスクを回避できるようにアパートの立地場所などのリサーチをしておくことが大事になってきます。事前に入念なリサーチをすることで賃貸物件へのニーズなどが分かり、アパートへの入居者がなかなか見つからないということを避けることができるからです。

管理会社に依頼

アパートを購入してアパート経営する際は、入居者がいない状態だと収入が発生しません。
なので、アパート購入で失敗しないためには、空室ができても赤字にならないように対応できるかが重要になります。
そして、空室が発生した時に入居者探しに特化している仲介業者を把握しているかによって、退去者が続出するリスクを減らすことに結びつきます。
ちなみに、新築のアパートを購入すると入居者がすぐに来て空室がなくなる状態になりやすいです。
それでも、満室になったとしても突然空室になる可能性があるので、入居者に極力長く住んでもらう工夫が必要となります。
特に、アパートの管理を疎かにすると入居者に悪いイメージを与えやすくなるので、入居者を減らす原因に発展します。
なので、アパートの管理を疎かにしないためにはアパートの利回りを高めるのがポイントとなります。
なぜなら、アパートの経営に掛かる費用を抑えれば、入居者に生活してもらいやすくなるからです。
しかし、管理業務を自分でやろうとすると、費用を浮かせることができても失敗するリスクが高いです。
よって、アパートの経営費用を削減するならば、管理会社に依頼するのが無難になります。
賃料収入の約5%を支払うことになりますが、管理会社に依頼すれば結果的にアパート購入で失敗する確率を減らすことが可能になります。
アパートを購入する場合は、すぐに賃料収入が入ると考えないように注意するのが重要です。

Copyright(C)2017 失敗しないアパート購入の基本的な知識 All Rights Reserved.