アパートの土地に関わる話

アパートの購入は立地条件がポイント

アパートの購入をして賃貸用の物件として運用をしていくことは、長期的かつ安定的に家賃収入が期待できる比較的安全性の高い資産の運用方法です。たとえば、現役世代の方がアパートを購入してオーナーとして賃貸経営をしていけば本業の収入のほかに家賃収入というもう一つの収入の柱を作ることができますし、仕事を引退された方の場合には毎月収入が入ってくる私的年金の代わりとなります。特に近年ではアパート経営に興味を持たれる方も多く、また中古のアパートもたくさん売りに出されています。なかには手ごろな価格で売りに出されているアパートもあり、そのような物件を見つけたときには十分に検討することなくすぐに購入に踏み切ってしまう方も少なくはありません。ただし、アパートの購入に関しては焦りは禁物です。なぜならば、物件の立地条件があまりよくない場合、入居者が決まらずに空き室を抱え込んでしまうかもしれないからです。当然のことですがせっかく購入したアパートに空き室があるような場合、家賃収入は入ってこないことになります。期待していた家賃収入が入ってこないにもかかわらずローンの返済をするということは家計に大きな負担となってしまいます。そのためアパートの購入にあたっては賃貸物件への需要の高い地域の物件を選ぶことがアパート経営で失敗しないための秘訣となります。

購入先の土地状況をリサーチ

定年後「アパート」を購入して経営し、賃貸料を老後の生活にあてていくという方法があります。安定した収入を得たいという人におすすめです。
アパートを購入するとき、場所選びですべてが決まると言っても過言ではありません。駅から遠い場所は、場合によってなかなか入居する人が集まらずに苦労します。思うような収入を得られず、安定した収入は見込めません。空き室ができないような好条件の場所を選びましょう。また、まわりの環境も大切なポイントです。まわりに治安が悪くなる建物がないかチェックしておくと良いでしょう。食品を調達できるスーパーがあるか見ておくことも大切です。最近はなんでもコンビニで済む時代ですが、銀行や郵便局、病院の位置も確認しておきましょう。
アパートの価格が適切であるかも重要となります。失敗することがないように相場を知っておくと良いでしょう。相場はひとつひとつ価格を確認してみることで判断できます。あまりにも高い、安いところは何かしら理由があると考えられます。安いからといってすぐに飛び付かないで、まず理由をチェックしておきましょう。特に理由もなく高いところは優良ではありません。できるだけ外しましょう。

Copyright(C)2017 失敗しないアパート購入の基本的な知識 All Rights Reserved.