アパート購入とお金の問題

リスク軽減とコストの節約

アパート経営をするためにアパートを購入しますが、新築と中古のどちらにすればいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。最近では利回りが良いと言われている中古のアパートを購入してアパート経営をする人が増えてきていますが、新築のアパートを購入してアパート経営をする時もメリットになる点があります。そこで新築のアパートを購入してアパート経営をするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
【空室のリスクを抑える事が出来る】
賃貸をする時に生活しやすい点を重視する人が多いので中古アパートより新築アパートを選ぶ人が多いです。それにより中古アパートは空室にリスクが高くなってしまいます。空室が増えてしまうと家賃収入が得られなくなるので空室のリスクを抑える事が出来る新築のアパートを購入した方がメリットになります。
【しばらくの間メンテンナンスの費用がかからない】
中古のアパートを購入してアパート経営をする時は定期的にメンテナンスをして劣化した部分を修繕していく必要があります。それで費用がかかってしまうのでコスト面でデメリットになってしまいます。しかし新築のアパートは劣化している部分がないのでメンテナンスをする必要がありません。しばらくの間は費用がかからないのでコスト面でメリットになります。

資金に余裕を持ってアパート購入

一般的な人の場合、それまで勤めていた会社を定年退職した後は貯蓄を切り崩したり、あるいは国から支給される年金が老後の資金源となります。しかし、現在では日本人の寿命もかなり延びており、貯蓄を切り崩しながら老後の生活を送っていくことに不安を感じている人も少なくはありません。そのため、近年ではアパートを購入して貸し出し、家賃収入を得ることを目指す方も増えています。特に新築のものと比べて中古のアパートというものは比較的価格もこなれており、ある程度の貯えのある人であれば決して手の届かない買い物ではありません。ただし、中古アパートの場合、新築のアパートの購入時のように住宅ローンの審査に通ることが難しいと言われており、アパートの購入にあたっては必要となる金額を補填するために自己資金を多めに用意しておく必要があります。また、中古アパートの場合には築年数にもよりますが、購入後すぐに大規模な修繕をしなくてはならないケースも多く、修繕費用に関しても考慮に入れておかなくてはなりません。アパートの購入費用だけを用意できればいいのではないのです。そのため、アパートの購入に際してはある程度資金に余裕を持っておく必要があります。

経営に関する心配ごともアイケンジャパンで安心に変わります。 アパート全てが完成した後もあらゆるサポートをしております。 販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 土地をお持ちの方も収益を生み出し有効活用していくことが可能です。 インターネットにてアパートの状況や収支明細を簡単に確認することが出来ます。 アパート購入する際のポイント点で参考にする

Copyright(C)2017 失敗しないアパート購入の基本的な知識 All Rights Reserved.